認知症みまもり事業

認知症徘徊行方不明届数=年間約10,000件超という現実は、
認知症高齢者数の増加にともない、認知症徘徊問題の深刻さを浮き彫りにしています。
セーフティネットリンケージは、企業、団体、自治体そして国民全体が連携し
認知症徘徊行方不明者ゼロを目指して
全国規模でのみまもりセーフティネットの実現を目指します。

認知症徘徊行方不明者ゼロ活動

徘徊した認知症の人の早期発見と確実な身元確認を安全に実現する仕組みを社会に普及させます。

家族連絡ライン(SOS緊急連絡転送システム)

徘徊した認知症の人が発見された時にお互いのプライバシーを保護しながら発見者と認知症の人のご家族を即時に電話でつなげる仕組み

捜索レスキューアプリ(現在開発中)

徘徊発生時に周辺の協力者に捜索依頼の配信と発見時の連絡をスムーズに実現するスマートフォンアプリ