「たよりあえる 素直な社会を」実現する

私たちセーフティネットリンケージ(SNL)は、WHOが定義する緩和ケア(※1)の視点で、認知症の人とそのご家族の社会生活改善を目的として活動する団体です。認知症に対する誤解や無理解は、認知症の人だけでなく、認知症の人を介護するご家族も社会的孤立に追い込みます。今後さらなる患者数の増加が予想される「認知症」は重大な社会問題であり、国民全体における早急な理解浸透と認知症の人とそのご家族の身体心理的負担緩和に寄与する社会システムやコミュニティ形成は急務と考えます。私たちは以下の事業を通じて、企業や国内関係機関をはじめ国民ひとりひとりの連携を加速、強化し認知症の人とそのご家族が安心して暮らせるみまもり社会を構築します。

私たちセーフティネットリンケージ(SNL)は、WHOが定義する緩和ケア(※1)の視点で、認知症の人とそのご家族の社会生活改善を目的として活動する団体です。認知症に対する誤解や無理解は、認知症の人だけでなく、認知症の人を介護するご家族も社会的孤立に追い込みます。今後さらなる患者数の増加が予想される「認知症」は重大な社会問題であり、国民全体における早急な理解浸透と認知症の人とそのご家族の身体心理的負担緩和に寄与する社会システムやコミュニティ形成は急務と考えます。私たちは以下の事業を通じて、企業や国内関係機関をはじめ国民ひとりひとりの連携を加速、強化し認知症の人とそのご家族が安心して暮らせるみまもり社会を構築します。

「walk with you」は、SNLが認知症の人とそのご家族に寄り添い、明るい未来に向けて共に歩んでいく姿勢を表す活動スローガンです。

※1 緩和ケア:人生を脅かす疾患による問題に直面している患者およびその家族のQOL (※2) を改善するアプローチ
※2 QOL (Quality of life):生活・人生の質

認知症みまもり事業
認知症みまもり事業

「早期身元発見保護・行方不明者ゼロ」の実現を目指して『S0S緊急連絡転送システム(家族連絡ライン)』を普及させ、全国規模でのセーフティネット構築に向けた「みまもり」支援活動を展開します。

調査研究事業

認知症の予防や治療、徘徊対策、認知症の人とのコミュニケーションのあり方等に関する国内外の先行事例を調査・研究し、国内関係機関や国民全体へ発信し、認知症に対する理解浸透を促します。

名称
社団法人
セーフティネットリンケージ
所在地
本部:北海道札幌市南区
北ノ沢1-11-41
TEL:011-572-6865 
FAX:011-572-9222
 
東京事務所:東京都新宿区南榎町54-305
理事構成
代表理事 高原 達也

他 理事7名、監事1名
設立
2014月7月
定款
pdfダウンロード